メニュー  → 【探索研究】試験項目説明  → 
アミラーゼの酵素活性に対する阻害作用
アミラーゼの酵素活性に対する阻害作用

探索研究

測定種別 コントロール比
動物種 その他
試験結果表示方法 一定量のアミラーゼによるGal-Glc-ONP分解速度をコントロールとして,試験物質存在下での基質分解速度の残存活性
試験目標 消化器系
試験レベル Cell-free
試験プロトコール 1.分光光度計のレファレンス側にMES buffer 1000μlを加えたセルをセットしAutoZeroにする。
2.セルにMES buffer、アミラーゼ、ミリQあるいは生薬エキスを順に加えて分光光度計のサンプル側にセットし、37℃で10分間インキュベートし温度を一定に保つ。
3.サンプル側セルに基質を加えて攪拌し、405nmの吸光度変化を2分間モニターし、mAbs /分を測定する。
4.ControlのmAbs /分と比較し、反応速度の変化の割合を求める。
備考 2012年度 探索研究: 小野 慎 (富山大学 准教授)
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名