メニュー  → 【探索研究】試験項目説明  → 
コレステロール合成阻害
コレステロール合成阻害

探索研究

測定種別 コントロール比
動物種 その他
試験結果表示方法 被検物質の添加時におけるコレステロール合成系代謝物の生成量を,コントロール(被検物質無添加)に対する割合で求める。すなわち、代謝経路に及ぼす被検物質の影響を、コントロールに対する代謝物の増減を%で表示することで評価する。
試験目標 内分泌・代謝系
試験レベル Cell-based
試験プロトコール 1)ヒト肝がん由来のHepG2細胞の培養液に被検物質を添加して培養する。
2)一定時間後の細胞を集め、細胞内コレステロール合成系物質のスクワレン、ラソステロール、デスモステロール、7-デヒドロコレステロールおよびコレステロールのそれぞれを誘導体後に、ガスクロマトグラフィー・質量分析(GC-MS)法で一斉定量する。
3)各物質の濃度依存的な抑制作用を求める。
備考  
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名