メニュー  → 【探索研究】試験項目説明  → 
抗トリパノソーマ活性
抗トリパノソーマ活性

探索研究

測定種別 その他
動物種 その他
試験結果表示方法 Trypanosoma cruziが致死する最小の濃度を示す。999は試験における最大濃度でも致死作用が見られなかったことを表す。
試験目標 感染症
試験レベル Cell-free
試験プロトコール 1) 生薬エキス及び含有化合物を水及びジメチルスルホキシドでそれぞれ希釈し,サンプル溶液を調製した.2) 96穴プレートにPBS 185 μL,T. cruziの増殖型epimastigote培養液10 μL,サンプル溶液5 μLを加え,27 °Cで24 h静置した.3) 原虫を顕微鏡下観察し,最小致死濃度 (MLC) を求めた.
備考 2014年度 探索研究: 中村 憲夫 (同志社女子大学 准教授)
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名