メニュー  → 【探索研究】試験項目説明  → 
神経突起の伸長に対する促進作用
神経突起の伸長に対する促進作用

探索研究

測定種別 コントロール比 (%)
動物種 ラット
試験結果表示方法 コントロール条件 (水) に対する、一細胞当たりの神経突起の総長の比率 (%) を示す。100より大きい値が神経突起の伸長を表す。
試験目標 脳・神経系
試験レベル Cell-based
試験プロトコール 1) PC12細胞をコラーゲンコート済み12-ウェルプレートに播種 (0.1 × 10^5 cells/ml) し、24 h培養した。2) 試験薬物 (0.1 mg/ml) を添加した。3) 3日後と6日後に倒立位相差顕微鏡で細胞を撮影した。各ウェルから2箇所ずつ、写真あたり40-50個の細胞が含まれるように撮影した。4) 写真一枚につき20個の独立した細胞の神経様突起の長さをImage J 1.44 softwareによって計測した。
備考 2014年度 探索研究: 窪田 香織 (福岡大学 助教)
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名