メニュー  → 【探索研究】試験項目説明  → 
細胞内snRNP量変動作用
細胞内snRNP量変動作用

探索研究

測定種別 コントロール比
動物種 その他
試験結果表示方法 triplicateの生データと平均値を表示した。さらに、プレート内での各ウェルの位置特異的な活性への影響を補正し、DMSO処理サンプル(エキスの場合はMock)を100%とした値を最終結果として示した。 (Normalized)
試験目標 その他
試験レベル Cell-based
試験プロトコール 1) snRNPレポ−ターの安定発現細胞株の培地中に化合物もしくはエキスを添加
[処理濃度]化合物: 25μM, エキス: 50μg/mL, 培地液量: 200μL, 96wellプレート
2) 37℃で4時間静置
3) 培地を除去し、150μL 細胞溶解液を加える
4) ピペッティングで細胞を破砕し、120μLの細胞破砕液を白色96穴プレートに移し、発光基質Stedy-Glo 50μLを加える
5) 発光強度を測定 
備考  
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名