メニュー  → 【探索研究】試験項目説明  → 
BDNF遺伝子の発現に対する促進作用
BDNF遺伝子の発現に対する促進作用

探索研究

測定種別 コントロール比 (%)
動物種 マウス
試験結果表示方法 コントロール条件 (Milli-Q処置水) に対する、BDNF遺伝子発現量の比率 (%) を示す。100より大きい値はBDNF遺伝子発現量の増加を示唆する。
試験目標 脳・神経系
試験レベル Cell-based
試験プロトコール 1) BDNF-Lucマウス (E16.5) より大脳皮質細胞を抽出し、96ウェルプレートを用いて13日間培養した。培養にはNeurobasal medium + B27 Supplement(Gibco)を用い、培地は3日置きに半量ずつ交換した。2) 生薬エキスで6, 24, 48 h、または生薬由来化合物で6 h処置した。3) 各ウェルのBDNF遺伝子発現量をルシフェラーゼ活性により測定した。測定にはSteady-Glo Luciferase Assay System (Promega社) を用いた。
備考 2016年度 探索研究: 福地 守 (富山大学 助教), 生薬ライブラリは2015年度のものを使用
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名