メニュー  → 【探索研究】試験項目説明  → 
HL60細胞に対する細胞毒性
HL60細胞に対する細胞毒性

探索研究

測定種別 コントロール比 (%)
動物種 ヒト
試験結果表示方法 コントロール条件 (化合物の場合は0.1% DMSO、生薬の場合はメディウムのみ) に対する、生細胞量の比率 (%) を示す。100より小さい値は細胞障害作用を示唆する。
試験目標 がん
試験レベル Cell-based
試験プロトコール 1) 96-wellプレートにHL60細胞を10,000 cells/wellで播き、所定の濃度の薬剤を添加した。培養液の総量は100 μl/wellとした。2) 37 °C, 5 % CO2にて48 h培養した。3) WST-8試薬 (同仁堂, 熊本) 10 μl/wellを加え、3 h培養した。4) 生細胞量を450 nmの吸光度により測定した。測定にはSpectraMax PLUS 384 microplate reader (Molecular Devices, Sunnyvale, CA, USA) を用いた。
備考 2017年度 探索研究: 平崎 能郎 (千葉大学 特任講師)
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名