メニュー  → 【探索研究】試験項目説明  → 
MHC Class I抗原提示試験
MHC Class I抗原提示試験

探索研究

測定種別 コントロール比
動物種 マウス
試験結果表示方法 コントロールに対する増加率(%)を求めた
試験目標 免疫・アレルギー系
試験レベル Cell-based
試験プロトコール 1.DC2.4をAIM-Vに懸濁し96wellにまく。
2.30分インキュベータに入れる。
3.生薬エキスまたは化合物を添加し、さらに1時間培養する。
4.Lipofectineと予め30分培養したOVA溶液を添加する。
5.20時間培養する。
6.培地を除去し、0.05 % glutaraldehydeで固定する。
7.PBSで3回洗浄する。
8.CD8-OVA1.3をAIM-Vに懸濁しまく。
9.24時間培養する。
10.遠心後、上清を回収し、ELISAでIL-2を測定する。
備考  
【試験結果表示】
表示方法 生薬 方剤 化合物 生薬-化合物
試験薬物名