メニュー  → 漢方方剤  → 
大柴胡湯
大柴胡湯
(だいさいことう)
構成生薬 柴胡 , 半夏 , 黄芩 , 芍薬・大棗 , 枳実 , 生姜 , 大黄
適応病態 少陽病期の実証で気うつ症候や便秘を目標に用いられる
適応疾患 肩こり, 胆のう炎, 黄疸, 肝機能障害, 高血圧症, じんま疹, 悪心, 食欲不振, 糖尿病, 不眠症, 疲労感, 肥満症, 気管支喘息, 神経衰弱, 肋間神経痛, 頭痛, 胃炎, 便秘症, 耳鳴症, 多発胆石症, 無痛性胆石症, 遺残胆石症, 嵌頓性胆石症, 脳出血, 腸カタル, カタル性胃腸炎, 嘔吐症, 痔核, 痔瘻, 口臭ノイローゼ, 下痢症, 動脈硬化症, 胃腸炎, 器質性インポテンス
原典 傷寒論
条文 「太陽病,過経十餘日,反て二三之を下し,後ち四五日,柴胡の證仍在る者には,先ず小柴胡湯を與う,嘔止まず,心下急,鬱々微煩する者は,未だ解せずと為すなり,大柴胡湯を與えて,之を下せば,則ち愈ゆ」
備考