メニュー  → 漢方方剤  → 
大黄牡丹皮湯
大黄牡丹皮湯
(だいおうぼたんぴとう)
構成生薬 冬瓜子 , 大黄 , 桃仁 , 牡丹皮 , 芒硝
適応病態 陽明病期の実証で,下腹部が緊張して抵抗・圧痛があり,特に回盲部圧痛が顕著で,便秘や月経不順,月経困難などに用いられる
適応疾患 月経不順, 圧痛, 動脈硬化症, 湿疹, じんま疹, 上腹部痛, 単純性便秘, 便秘症, 月経困難症, 痔核, 腸うっ血, 腸出血, 習慣性便秘, 動脈硬化症, 更年期症候群, 尋常性ざ瘡
原典 金匱要略
条文 「腸癰者少腹腫痞し,之を按ずれば即ち痛み,淋の如し。小便自ら調い,時時発熱し,自汗出でて,復た悪寒す。其の脉遅緊なる者,膿未だ成さず,之を下すべし,當に血有るべし。脉洪数なる者,膿已に成す,下すべからざる也,大黄牡丹皮湯之を主る」
備考 腸癰の初期で,腸内の湿熱を攻下し,毒の結聚を散んじて著効することが多い