メニュー  → 漢方方剤  → 
大黄附子湯
大黄附子湯
(だいおうぶしとう)
構成生薬 大黄 , 附子 , 細辛
適応病態 太陰病期の実証で,脇下や腰脚の片側が冷えて痛み,便秘するものに用いられる
適応疾患 腹部疝痛,胆石症,尿路結石,坐骨神経痛,腰痛,関節リウマチ
原典 金匱要略
条文 「脇下偏痛,発熱し,其の脈緊弦なるは,此れ寒なり,温薬を以て之を下せ,大黄附子湯に宜し(金匱要略腹満寒疝宿食病篇)」
備考