メニュー  → 漢方方剤  → 
当帰芍薬散
当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん)
構成生薬 芍薬 , 朮 , 沢瀉 , 茯苓 , 川芎 , 当帰
適応病態 太陰病期の虚証で,冷え症で貧血傾向があり,性周期に伴った浮腫・腹痛なをを呈する場合に用いられる
適応疾患 貧血, 倦怠感, 頭痛, めまい, 肩こり, 月経不順, 不妊症, 動悸, 妊娠, 浮腫, 脚気, 心臓弁膜症, 冷え症, 凍傷, 痔核, 月経痛, 子宮内膜症, 尋常性ざ瘡, 流産, 帯下, 坐骨神経痛, 冷え症, 更年期症候群, 頭重感, 月経困難症, 慢性糸球体腎炎, 腎炎, 妊娠浮腫, 習慣流産, 流産, 痔核, 腹痛症, 易疲労感, 頻尿症, 乏尿, 腹部圧痛, 心臓性神経衰弱症, 妊娠貧血症, 肛門脱, 悪阻, 尋常性ざ瘡, 肝斑, 扁平母斑, 炎症後色素沈着, 妊娠中の腎感染症, ネフローゼ
原典 金匱要略
条文 「婦人懐妊,腹中●痛するは,当帰芍薬散之を主る」
「婦人腹中諸疾痛するは,当帰芍薬散之を主る」
備考 血虚および水滞による多彩な症状に適応し,補血,駆瘀血剤(当帰・川芎・芍薬)と利水剤(茯苓・朮・沢瀉)を合わせた内容である