メニュー  → 漢方方剤  → 
抑肝散加陳皮半夏
抑肝散加陳皮半夏
(よくかんさんかちんぴはんげ)
構成生薬 朮 , 茯苓 , 当帰 , 川芎 , 釣藤 , 柴胡 , 甘草 , 陳皮 , 半夏
適応病態 抑肝散に陳皮と半夏を加えたものであり,少陽病期の虚実間~虚証でイライラ感が強く,胸脇苦満・臍上悸があり,抑肝散に比較して臍上悸が顕著である場合に用いられる
適応疾患 身体表現性障害,不眠症,夜泣き,認知症
原典 浅井腹診録
条文 臍の左の辺より心下までも,動気の盛なるは,肝木の虚に痰火の甚しき証,北山人まさに抑肝散に陳皮(中)半夏(大)を加ふべし。験を取ること数百人に及ぶ。一子に非ざれば伝ふること勿れ
備考 抑肝散に陳皮と半夏を加えたもので,胃内の停水を去り,肝の熱を冷ます