メニュー  → 漢方方剤  → 
桂枝加芍薬大黄湯
桂枝加芍薬大黄湯
(けいしかしゃくやくだいおうとう)
構成生薬 桂枝 , 芍薬 , 生姜 , 大棗 , 甘草 , 人参
適応病態 太陰病期の虚実間証で,腹部膨満して腹痛があり,軽度の裏急後重を伴う下痢または便秘に用いられる
適応疾患 腹部膨満, しぶり腹, 腹痛症, 腸炎, 急性胃腸炎, 急性大腸炎, カタル性胃腸炎, 習慣性便秘, 宿便性潰瘍
原典 傷寒論
条文 「本太陽病,醫反て之を下し,爾に因て腹満時に痛む者は,大陰に属するなり,桂枝加芍薬湯之を主る,大實痛する者は桂枝加芍薬大黄湯之を主る(傷寒論太陰病篇)」
備考