メニュー  → 漢方方剤  → 
桂枝茯苓丸
桂枝茯苓丸
(けいしぶくりょうがん)
構成生薬 桂皮 , 茯苓 , 芍薬 , 桃仁 , 牡丹皮
適応病態 少陽病期で実~虚実間,のぼせて赤ら顔のことが多く,下腹部に抵抗,圧痛が診られる瘀血病態が適応となり,足の冷えやのぼせを目標に,子宮筋腫や子宮内膜症などに対して用いられる。後年の口訣に「この方は,瘀血よりきたる癥瘕を去るが主意にて,瘀血より生ずる諸症に活用すべし」とある
適応疾患 あから顔, 子宮内膜炎, 月経不順, 月経困難症, 帯下, 頭痛, めまい, 肩こり, 冷え症, 腹膜炎, 月経痛, 卵巣炎, 子宮周囲炎, 湿疹, 凍傷, じんま疹, 皮下出血, 腹部圧痛, 圧痛, 子宮内感染症など, 更年期症候群, 打撲傷など, 痔核など, 精巣副睾丸炎など, 冷え症, 思春期月経異常, 頭重感, 打撲傷, 凍傷, 肝斑, 扁平母斑, 炎症後色素沈着, 心因性心悸亢進, 過多月経, 出血性痔核, 尋常性ざ瘡
原典 金匱要略
条文 「婦人,宿癥病あり,経断ちて未だ三月に及ばず,而も漏下を得て止まず,胎動きて臍上に在る者は癥痼妊娠を害すと為す。六月にして動く者は,前三月経水利するの時の胎なり。血下る者は断ちて後三月の胎なり。血止まざる所以の者は,其の癥去らざるが故なり。当に其の癥を下すべし。桂枝茯苓丸之を主る」
備考 後年の口訣に「この方は,瘀血よりきたる癥瘕を去るが主意にて,瘀血より生ずる諸症に活用すべし」とある