メニュー  → 漢方方剤  → 
桂枝附子湯
桂枝附子湯
(けいしぶしとう)
構成生薬 桂枝 , 生姜 , 大棗 , 甘草 , 附子
適応病態 太陽病期と少陽病期の間の虚証にあり,疼痛と寒冷症状が睡眠を妨げられるほど強いことを目標に用いられる
適応疾患 熱性疾患,神経痛,関節リウマチ,ベーチェット病,冷え症
原典 傷寒論
条文 「傷寒八九日,風濕相搏ち身体疼煩自から轉側する能はず,嘔せず,渇せず,脈浮虚にして濇る者は,桂枝附子湯之れを主る(傷寒論太陽病篇)」
備考 甘草附子湯より軽症のもの