メニュー  → 漢方方剤  → 
白虎湯
白虎湯
(びゃっことう)
構成生薬 知母 , 粳米 , 石膏 , 甘草
適応病態 陽明病期の実証で,高体温や激しい口渇があり,精神不穏を呈するものに用いられる
適応疾患 中枢性高体温症,感冒,関節リウマチ
原典 傷寒論
条文 「傷寒,脈浮滑なるは,此れ表に熱あり,裏に寒あるに以る,白虎湯之を主る(傷寒論太陽病下篇)」
「三陽の合病は,腹満して身重く,以て転側し難く,口不仁して面垢,譫語遺尿す,自汗出る者は,白虎湯之を主る(傷寒論陽明病篇)」
「傷寒,脈滑にして厥する者は,裏に熱あるなり,白虎湯之を主る(傷寒論厥陰病篇)」
備考