メニュー  → 漢方方剤  → 
真武湯
真武湯
(しんぶとう)
構成生薬 茯苓 , 芍薬 , 朮 , 生姜 , 附子
適応病態 少陰病期の虚証で,全身倦怠感や四肢冷感,下痢,腹痛などを訴える場合に用いられる
適応疾患 胃腸疾患, 腹膜炎, 知覚麻痺, 神経衰弱, 高血圧症, 心臓弁膜症, 心不全, 老年性そう痒症, 倦怠感, めまい, 動悸, 低血圧症, かぜ, 疲労感, 嘔吐症, 慢性腸炎, じんま疹, 湿疹, 脳出血, 腸炎, 慢性胃腸炎, 消化不良症, 心因性胃アトニー, 胃下垂, ネフローゼ症候群, 脳出血, 心因性心悸亢進, 神経性心悸亢進, 慢性関節リウマチ, 冷え症, 乏尿, 下痢症, 習慣性下痢, 胃下垂, 慢性糸球体腎炎, カタル性胃腸炎, 嘔吐症, 内臓下垂, 脊髄麻痺
原典 傷寒論
条文 「太陽病,汗を発し,汗出でて解せず,其の人なお発熱し,心下悸,頭眩,身潤動,振振として地に擗れんと欲する者は,真武湯之を主る」
「少陰病,二三日已まず,四五日に至って腹痛,小便不利,四肢沈重疼痛し,自下利する者は,此れ水気有りと為す,其の人或いは欬し,或いは小便利し,或いは利せず,或いは嘔する者は,真武湯之を主る」
備考 陰証で虚証の眩暈や下痢に用いられる。腹痛はないか,あっても軽度で,下痢は水様便のことが多い。藤平健氏は真武湯の特徴となる症候として,①歩いていてフラッとする。或はクラッとする(フラッと),②雲の上を歩いているみたいで,なんとなく足もとが心もとない。或は地にしっかり足がついていないような感じがする(雲の上),③誰かと一緒に歩いていると,何で私に寄りかかるのかと言われたりすることがある(寄りかかり),④真っすぐ歩いているつもりなのに横にそれそうになる(斜行感),⑤真っすぐ歩こうとするのに横にそれる(斜行),⑥座位や腰掛けていて,ときにクラッとして地震かなと思う(地震感),⑦眼前のものがサーッと横に走るように感じるめまい感がある(横走感),の7徴候を挙げている