メニュー  → 漢方方剤  → 
茵蔯蒿湯
茵蔯蒿湯
(いんちんこうとう)
構成生薬 茵蔯蒿 , 梔子 , 大黄
適応病態 少陽病期の実証で,黄疸,頭汗,尿不利,便秘を目標に用いられる
適応疾患 黄疸, 肝硬変症, じんま疹, 口内炎, 胆のう炎, ネフローゼ症候群, 便秘症, 胸部不快感, 口渇症, 乏尿
原典 傷寒論
条文 「陽明病,発熱汗出る者は,此を熱越と為す,黄を発する事能はざるなり,但頭汗出で,身に汗なく,剤頸して還り,小便不利,渇して水醤を引く者は,此れお熱裏に在りと為す,身必ず黄を発す,茵蔯蒿湯之を主る」
「傷寒七八日,身黄なること橘子色の如くにして,小便不利,腹微満する者は,茵蔯蒿湯之を主る」
「穀疸の病たる,寒熱不食す,食すれば則ち頭眩し,心胸安からず,久々黄を発す,茵蔯蒿湯之を主る」
備考