メニュー  → 漢方方剤  → 
葛根湯
葛根湯
(かっこんとう)
構成生薬 葛根 , 麻黄 , 生姜 , 大棗 , 桂枝 , 芍薬 , 甘草
適応病態 太陽病期の実証が病位であり,項背の凝り,下痢を伴う者に適する
適応疾患 頭痛, 発熱, 悪寒, 感冒, 結膜炎, 角膜炎, 中耳炎, 乳腺炎, 肩こり, 神経痛, じんま疹, 中耳炎, 筋肉痛, 扁桃炎, 耳後部リンパ腺炎, 単純性頚部リンパ腺炎, 慢性副鼻腔炎, 前腕神経痛
原典 傷寒論
条文 「太陽病,項背強ること几几として,汗なく悪風するは,葛根湯之を主る(傷寒論太陽病中篇)」
「太陽と陽明の合病,必ず自下痢す,葛根湯之を主る(傷寒論太陽病中篇)」
「太陽病,汗なくして小便反て少く,気胸に上衝し,口噤語ることを得ず,剛痙を作さんと欲するは,葛根湯之を主る(金匱要略痙湿喝病篇)」
備考