メニュー  → 漢方方剤  → 
補中益気湯
補中益気湯
(ほちゅうえっきとう)
構成生薬 人参 , 朮 , 黄耆 , 当帰 , 柴胡 , 陳皮 , 大棗 , 生姜 , 甘草 , 升麻
適応病態 少陽~太陰病期の虚証で,全身倦怠感や食欲不振,咳嗽,微熱,盗汗,動悸,不安などの症状が持続してみられる場合に用いられる
適応疾患 虚弱, 食欲不振, 胃下垂, 感冒, 多汗症, 胃腸機能減退, 頭痛, 悪寒, 貧血, 衰弱, 低血圧症, 多汗症, 寝汗, 下肢倦怠感, 結核, 痔核, 肛門脱, 器質性インポテンス, 疲労感, 倦怠感, 出血, 貧血, 低血圧症,
原典 内外傷弁惑論,脾胃論
条文 「…内傷は不足の病なり。苟くも誤認して外感有余の病と作して反って之を瀉するときは,則ち其の虚を虚するなり。…蓋し温は能く大熱を除く。大いに苦寒の薬にて胃土を瀉することを忌むのみ。今,補中益気湯を立つ」
備考 身体虚弱,病気,過労などで疲労困憊した時に頻用され,柴胡含有のため軽い胸脇苦満を伴うことが多い。補中益気湯証の特徴は消化機能が衰え,四肢倦怠感が著しい虚弱者である。津田玄仙はこの補中益気湯の方剤について以下の8つを目標にすると良いと記載している。すなわち,①手足倦怠,②言語軽微,③眼勢無力,④口中生白沫,⑤食失味,⑥口好熱湯,⑦当臍有動悸,⑧脈散大無力であるが,本症例においても,手足の倦怠,眼勢無力,臍上悸などがある