メニュー  → 漢方方剤  → 
調胃承気湯
調胃承気湯
(ちょういじょうきとう)
構成生薬 大黄 , 芒硝 , 甘草
適応病態 陽明病期の実証で,腹壁は比較的厚くて緊張がよく,便秘するものに用いられる
適応疾患 , 便秘症
原典 傷寒論
条文 「胃気和せず譫語する者,少しく調胃承気湯を與う(傷寒論太陽病上篇)」
「発汗後,悪寒すす者は虚するが故也。悪寒せず,但熱する者は実也。富に胃気を和すべし,調胃承気湯を與う(傷寒論太陽病中篇)」
「太陽病,十余日,心下温温吐せんと欲し,而して胸中痛み,大便反って溏,腹微満,鬱々微煩,此の時に先だって自ずから吐下を極むる者は,調胃承気湯を與う(傷寒論太陽病中篇)」
「太陽病三日,発汗して解せず,蒸蒸として発熱する者は,胃に属する也,調胃承気湯之を主る(傷寒論陽明病篇)」
備考