メニュー  → 漢方方剤  → 
越婢加朮湯
越婢加朮湯
(えっぴかじゅつとう)
構成生薬 麻黄 , 石膏 , 生姜 , 大棗 , 甘草 , 白朮
適応病態 少陽病期の実証で,熱状があり,口渇,尿不利,浮腫などを目標に用いられる
適応疾患 浮腫, 腎炎, 脚気, 夜尿症, 湿疹, 変形性膝関節症, 急性結膜炎, フリクテン性結膜炎, 翼状片, ネフローゼ症候群, 慢性関節リウマチ, 乏尿, 頻尿症,
原典 金匱要略
条文 「裏水の者は,一身面目黄腫し,其脈沈,小便不利す,故に水を病ましむ,仮令小便自利すれば,此に津液を亡う,故に渇せしむるなり,越婢加朮湯之を主る」
「裏水,越婢加朮湯之を主る,甘草麻黄湯亦之を主る」
「肉極熱すれば則ち身體の津脱し,腠理開き,汗大に泄る,癘風気,下焦脚弱す,越婢加朮湯之を主る」
備考