メニュー  → 漢方方剤  → 
麻杏甘石湯
麻杏甘石湯
(まきょうかんせきとう)
構成生薬 麻黄 , 杏仁 , 甘草 , 石膏
適応病態 少陽病期の実証で,喘鳴や強い咳嗽があり,口渇や発汗があり,熱感,喘息,呼吸困難などを伴う場合に用いられる
適応疾患 小児喘息, 気管支喘息, 喘鳴, 気管支炎, 咳, , ,
原典 傷寒論
条文 「発汗後,更に桂枝湯を行るべからず,汗出でて喘し,大熱なき者には,麻杏甘石湯を與うべし(傷寒論太陽病中篇)」
備考 類聚方広義には「喘咳止まず,面目浮腫,咽乾口渇し或は胸痛するものを治す」とあり,喘鳴,咳嗽があり,口渇や発汗,顔面浮腫,呼吸困難などを伴う者に用いられる