メニュー  → 漢方方剤  → 
黄耆建中湯
黄耆建中湯
(おうぎけんちゅうとう)
構成生薬 桂枝 , 生姜 , 大棗 , 黄耆 , 芍薬 , 甘草 , 膠飴
適応病態 太陰病期の虚証で,易疲労感や盗汗,皮膚症状(発疹,びらん)などが顕著な場合に用いられる。腹部は腹壁が薄く,腹直筋が緊張していることが多い
適応疾患 虚弱, 衰弱, 寝汗, 疲労感, 易疲労感, 妊娠性の衰弱および疲労
原典 金匱要略
条文 「虚勞,裏急,諸の不足は,黄耆建中湯之を主る(金匱要略血痺虚労病篇)」
備考