メニュー  → 漢方方剤  → 
黄連湯
黄連湯
(おうれんとう)
構成生薬 黄連 , 甘草 , 乾姜 , 人参 , 桂皮 , 大棗 , 半夏
適応病態 少陽病期の虚実間証で,上熱下寒,心下痞鞕,悪心,嘔吐,食欲不振などを目標に用いられる
適応疾患 食欲不振, 急性胃炎, 口内炎, 悪心, 口臭, 舌苔, , 宿酔, 腹痛症, 嘔吐症, 便秘症, 下痢症, カタル性胃腸炎, 消化不良症, 胃液分泌過多
原典 傷寒論
条文 「傷寒,胸中熱あり,胃中邪気あり,腹中痛み,嘔吐せんと欲する者は,黄連湯之を主る」
備考 半夏瀉心湯の黄芩を桂皮にかえたもの