メニュー  → 生薬学術情報  → 
サフラン
サフラン
(さふらん)
サフラン 入手時名称:サフラン
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:25441
Crocus sativus 植物名:Crocus sativus
撮影日時:1977
撮影者:御影雅幸

生薬別名 番紅花
生薬ラテン名 Crocus
生薬英名 Saffron
科名 アヤメ科 Iridaceae
基原 サフラン Crocus sativus Linné
薬用部位 柱頭および花柱の上部
選品 花粉や柱頭の基部(黄色を呈する)の混入の少ないものほど良品で,経年したものは良くない(TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
Picrocrocin, Safranal, Pinene, Cineol

カロテノイド Carotenoids:
Crocin (Crocetin digentiobiose ester), Crocetin gentiobiose glucose ester, Crocetin diglucose ester, Crocetin gentiobiose ester, Crocetin glucose ester, α-Carotene, β-Carotene, γ-Carotene, Lycopene
薬理作用 子宮興奮作用.
臨床応用 鎮静,鎮痛,通経薬として,精神疾患,月経痛,月経不順,閉経などに応用する.
頻用疾患 無月経, 月経痛, 腹腔内腫瘤, 難産, 死胎, 打撲外傷による腫脹・疼痛, 皮膚化膿症, 狭心痛
含有方剤
帰経  
神農本草経  
中医分類 活血化瘀薬
薬能 活血化瘀,涼血解毒,解郁安神.経閉癥瘕,産後瘀阻,温毒発斑,憂鬱痞悶,驚悸発狂に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Crocus sativus Linné
psbA
 EU110147
rpL36-rpS8
  EU110729
atpF-atpH
  EU523362
accD
  EU110282