メニュー  → 生薬学術情報  → 
丹参
丹参
(たんじん)
丹参 入手時名称:丹参
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:4303

生薬別名 赤参
生薬ラテン名 Salviae Miltiorrhizae Radix
生薬英名 Salvia Miltiorrhiza Root
科名 シソ科 Labiatae
基原 Salvia miltiorhiza Bunge
薬用部位
選品 太く,内側が紫黒色で菊花形の白点があるものが良い(NI).
主要成分 ジテルペノイド Diterpenoids:
S. miltiorhiza: Tanshinone I, Tanshinone IIA, Tanshinone IIB, Cryptotanshinone, Tanshinol I, Tanshinol II
S. miltiorhiza: Danshenol A, Danshenol B, Dihydrotanshinone I, Cryptotanshinone, Tanshinone IIA, Danshexinkun A, Sugiol
S. deserta: 6,7-Dehydroroyleanone, Royleanone, 7-O-Methylhorminone, Taxodione, 7-O-Acetylhorminone, Horminone

フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
S. deserta: Salvianolic acid K, Salviaflaside, Rosmarinic acid, Lithospermic acid B
S. miltiorhiza: Lithospermic acid B (Lithospermate B)
薬理作用 空間認知機能障害改善作用,冠状動脈拡張作用,肝臓保護活性(Lithospermic acid B),アルドース還元酵素阻害,抗真菌,内皮依存性血管弛緩作用(Lithospermic acid B),腎機能改善作用(Lithospermic acid B,ラジカル消去作用.
臨床応用 活血,調経,消腫,鎮痛薬として,月経不調,腹痛,経閉,産後の悪阻腹痛,リウマチなどに応用する
頻用疾患 月経不順, 月経痛, 無月経, 産後お阻, 狭心痛, 脇痛, 皮膚化膿症, 不眠, 関節の腫脹・疼痛
含有方剤 希有処方に配合
帰経 心・心包・肝
微寒
神農本草経 上品
中医分類 活血去瘀薬
薬能 活血祛瘀,涼血消癰,清血安神
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.