メニュー  → 生薬学術情報  → 
代赭石
代赭石
(たいしゃせき)
代赭石 入手時名称:代赭石
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:16275

生薬別名 赭石
生薬ラテン名 Haematitum
生薬英名 Hematite
科名  
基原 二酸化ケイ素 Fe2O3 Hematitum
薬用部位 三方晶系の赤鉄鉱
選品 光沢のある紫赤色の質の硬い外面に,大きい瘤があり,破れば片をなす大塊が上品 (NI).
主要成分 その他 Other:
Fe2O3, SiO2, Al塩, Mg++, Mn++, Ca++, Al2O3, CaO, H2O
薬理作用 興奮作用.
臨床応用 補血, 収斂, 止血, 鎮静, 鎮嘔薬, 嘔吐, 噫気, 反胃, 気喘, 吐血, 衂血, 便血, 崩帯, 月経不止などの症に応用する.
頻用疾患 出血, 嘔吐, 吐血, 鼻血, 血便, 月経異常
含有方剤 旋覆花代赭石湯
帰経 肝・心
神農本草経 下品
中医分類 安神薬 (重鎮安神薬)
薬能 平肝潜陽,降逆,止血,眩暈耳鳴,嘔吐,噫気,やく逆,喘息,吐血,衂血,崩漏下血に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.