メニュー  → 生薬学術情報  → 
何首烏
何首烏
(かしゅう)
何首烏 P. multiflorum 入手時名称:何首烏 P. multiflorum
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:1222

生薬別名  
生薬ラテン名 Polygoni Multiflori Radix
生薬英名 Polygonum Root
科名 タデ科 Polygonaceae
基原 ツルドクダミ Polygonum multiflorum Thunberg
薬用部位 塊状根
選品 連珠状で, 根を切り離した横断面が淡紅色の花紋で, 表面に縦に五條の深い溝のある, 大きなものが良い (NI).
主要成分 アントラキノン Anthraquinones:
Chrysophanol, Emodin

タンニン Tannins:
Tannin

スチルベン系化合物 Stilbenes:
2,3,5,4'-Tetrahydroxystilbene-2-O-β-D-glucoside

インドール系アルカロイド Indole alkaloids:
Indole-3-(L-α-amino-α-hydroxypropionic acid) methyl ester
薬理作用 腸管運動促進作用(水エキス).腸管からのコレステロール吸収抑制.Corticotropin様作用.
臨床応用 強壮,強精,補血,瀉下薬として,精血の不足,腰膝の疼痛,遺精,帯下,白髪などに応用する.
頻用疾患 頭のふらつき, 目がかすむ, めまい, 耳鳴り, 腰や膝がだるく無力, しびれ, 脱毛, 早期白髪, 精液漏れ, 悪寒, 発熱, 皮膚化膿症, 頚部リンパ節腫, そう痒, 便秘, 高脂血症
含有方剤 当帰飲子
帰経 肝・腎
苦・甘・渋
神農本草経  
中医分類 補養薬 (補血薬)
薬能 解毒,消癰,潤腸通便.瘰癧瘡癰,風疹掻痒,腸燥便秘,高脂血症に用いる
薬徴  
備考 白何首烏はガガイモ科 (Asclepiadaceae) の Cynanchum auriculatum Royle の根. その他 C. bungei Dcne., コイケマ C. wilfordii Hemsl. など.
第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.