メニュー  → 生薬学術情報  → 
側柏葉
側柏葉
(そくはくよう)
側柏葉 入手時名称:側柏葉
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:8064

生薬別名  
生薬ラテン名 Platycladi Cacumen
生薬英名 Oriental Arborvitae Leafy Twig
科名 ヒノキ科 Cupressaceae
基原 コノテガシワ Platycladus orientalis (Linné) Franco (= Thuja orientalis Linné)
薬用部位 葉のついた枝
選品 味が苦く, 香気の高い青々とした新しいもの程良い (NI).
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
[Chamaecyparis obtusa]: estolide型臘成分 (葉)

その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
[T. ovientalis]: Juniperic acid, Sabinic acid (葉)

モノテルペノイド Monoterpenoids:
[Chamaecyparis obtusa]: α-Pinene, Limonene, d-Bornylacetate, d-Terpinylacetate (葉)
[T. occidentalis]: α-Pinene, l-Fenchone, α-Thujone (葉)

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
[Chamaecyparis obtusa]: Sesquiterpene-alchol, Hinokiic acid (葉)

フラバノンとジヒドロフラボノール Flavanones & Dihydroflavonols:
[T. ovientalis]: Taxifolin (材)

タンニン Tannins:
[T. ovientalis]: Tannin (材)
薬理作用 未詳
臨床応用 収斂,鎮痛,止血薬として,吐血,衂血,血便,血尿,血痢,崩漏等の失血症および風湿痺痛に応用する
頻用疾患 吐血, 鼻血, 喀血, 血便, 血尿, 出血性下痢, 下血
含有方剤
帰経 肺・肝・脾
苦、渋
神農本草経  
中医分類 止血薬
薬能  
薬徴  
備考 側柏葉は輸入品がほとんどで,日本産側柏葉が出回ることは少ないが,しばしばヒノキ Chamaecyparis obtusa (Sieb. et Zucc.)Endlicherの枝葉が混入される.香港市場の側柏葉はマキ科(Podocarpaceae)のPodocarpus annamiensis N. E. Grayの葉を主とする.その他,ヒノキ科のCupressus funebris Endlicherの枝葉も側柏葉として用いられるとされる
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.