メニュー  → 生薬学術情報  → 
呉茱萸
呉茱萸
(ごしゅゆ)
呉茱萸 入手時名称:呉茱萸
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:1778
Euodia rutaecarpa 植物名:Euodia rutaecarpa
撮影場所:日本, 京都府
撮影日時:1993
撮影者:藤野廣春

生薬別名  
生薬ラテン名 Euodiae Fructus
生薬英名 Evodia Fruit
科名 ミカン科 Rutaceae
基原 ゴシュユ Euodia ruticarpa Hooker filius et Thomson (Evodia rutaecarpa Bentham), Euodia officinalis Dode (Evodia officinalis Dode) 又は Euodia bodinieri Dode (Evodia bodinieri Dode)
薬用部位 成熟果実
選品 黒色で辛味及び苦味の強いものが良品(TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Goshuyic acid

モノテルペノイド Monoterpenoids:
Ocimene

トリテルペノイド Triterpenoids:
Limonin (=Evodin), Rutaevin, Evodol

フラバノンとジヒドロフラボノール Flavanones & Dihydroflavonols:
E. rutaecarpa: Evodioside B(葉)

アルカロイド Alkaloids:
Evodiamine, Rutaecarpine, Hydroxyevodiamine (=Rhetsinine), Evocarpine, N,N-Dimethyl-5-methoxytryptamine, NMethylanthranylamide, Synephrine, Higenamine

プリン誘導体 Purine derivatives:
Cyclic GMP

その他 Other:
E. rutaecarpa: 6α-Acetoxy-5-epilimonin, 6β-Acetoxy-5-epilimonin
薬理作用 血圧上昇,呼吸促進,血流促進(アルコール抽出画分).鎮痛,体温上昇(evodiamine, rutaecarpine).陣痛促進,止血,中枢興奮(β-indolethyl-amine).幻覚(N,N-dimethyl-5-methoxytryptamine).アドレナリン様作用,強心作用(synephrine, hygenamine).
臨床応用 温性の健胃,鎮痛,鎮嘔,利尿薬として,水毒の上衝による頭痛,嘔吐,胸満,虚寒による腹痛,冷え症,しもやけに応用する.また殺虫剤,浴湯料とする.
頻用疾患 頭痛, 悪心, 嘔吐, 上腹痛, 四肢の冷え, 下腹痛, 月経痛, 月経周期延長, 腹満, 下痢, 冷え症, しもやけ, 口内炎
含有方剤 温経湯 , 延年半夏湯 , 鶏鳴散 [時方歌括] , 鶏鳴散加茯苓 , 呉茱萸湯 , 参連湯 , 治頭痛一方 , 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 , 唐侍中一方 , 変製心気飲 , 奔豚湯 [深師] , 奔豚湯 [肘後方]
帰経 肝・胃・脾・腎
大熱
辛・苦
神農本草経 中品
中医分類 温裏祛寒薬
薬能 散寒止痛,降逆止嘔,助陽止瀉.厥陰頭痛,寒疝腹痛,寒湿脚気,経行腹痛,腹(胃)脹痛,嘔吐呑酸,五更泄瀉に用いる , 口内炎,高血圧症に外用する.小毒あり.
薬徴 嘔して胸満するを主治する也。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Euodia ruticarpa Hooker filius et Thomson (=Evodia rutaecarpa Bentham)
Euodia officinalis Dode (=Evodia officinalis Dode)
Euodia bodinieri Dode (=Evodia bodinieri Dode)Euodia bodinieri Dode