メニュー  → 生薬学術情報  → 
栝楼根
栝楼根
(かろこん)
瓜呂根 入手時名称:瓜呂根
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:179
Trichosanthes kirilowii var. japonicum 植物名:Trichosanthes kirilowii var. japonicum
撮影場所:日本, 新潟県
撮影日時:1991
撮影者:小松かつ子

生薬別名 天花粉
生薬ラテン名 Trichosanthis Radix
生薬英名 Trichosanthes Root
科名 ウリ科 Cucurbitaceae
基原 Trichosanthes kirilowii Maximowicz, キカラスウリ Trichosanthes kirilowii Maximowicz var. japonica Kitamura 又は オオカラスウリ Trichosanthes bracteata Voigt
薬用部位 塊根を乾燥したもの
選品 重質で断面が白く, 中央部に花様紋のあるものが良い(TN).
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
Trichosantic acid

多糖類 Polysaccharides:
澱粉

トリテルペノイド Triterpenoids:
11-Oxo-cucurbit-5-ene-3β,24,25-triol

ステロール Sterols:
Stigmasterol, β-Sitosterol

アミノ酸 Amino acids:
Citrulline

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds:
γ-Aminobutyric acid, Trichosanthin
薬理作用 血糖上昇作用(煎液,水エキス)
臨床応用 止渇,解熱,鎮咳,利尿,排膿,催乳薬として,虚証の口渇,咽喉の腫痛,呼吸器疾患,悪性腫癰などの応用する.粉末(天花粉)は幼児の皮膚病に外用する.
頻用疾患 口渇, 乾咳, 喀血, 皮膚化膿症
含有方剤 益元湯 , 栝楼桂枝湯 , 緩痃湯 , 柴胡去半夏か楼湯 , 柴胡桂枝乾姜湯 , 柴胡清肝散 , 柴胡養栄湯 , 生津湯 , 清燥養栄湯 , 肺癰湯 , 麦門冬飲子
帰経 肺・胃
甘・酸
神農本草経 中品
中医分類 清熱瀉火薬
薬能 清熱生津,消腫排膿.熱病煩渇,肺熱燥咳,内熱消渇,瘡瘍腫毒に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
中国では天花粉と称す. 中国産天花粉として T. rosthornii Herms の根も用いられる. 日本で天花粉と称するものは栝楼根から得られるデンプンである. 湿疹, かぶれなどに外用する. 日本産栝楼根として T. bracteaata Voigt オオカラスウリの根も用いられる.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Trichosanthes kirilowii Maximowicz
TCS
 AY082348
 AF367252
 AY669811
 AY082349
 S70176
 TKU25675
gas1
  AY379779
TCM
  AY584242
rpl20-rps12
  DQ536603
Trichosanthes kirilowii Maximowicz var. japonicum Kitamura
karasurin precursor gene
 AB000666
Trichosanthes bracteata Voigt