メニュー  → 生薬学術情報  → 
楊梅皮
楊梅皮
(ようばいひ)
楊梅皮 入手時名称:楊梅皮
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:8045

生薬別名  
生薬ラテン名 Myricae Cortex
生薬英名 Myrica Rubra Bark
科名 ヤマモモ科 Myricaceae
基原 ヤマモモ Myrica rubra Siebold et Zuccarini
薬用部位 樹皮
選品 未詳
主要成分 フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
Myricetin 1.5%, Myricitrin

タンニン Tannins:
タンニン約15%
薬理作用 利尿,血管収縮作用(myricitrin, myricetin).
臨床応用 収斂,殺菌,殺虫,解毒薬として,下痢(内服),打撲傷,腫痛(外用)などに民間的に応用する.染料にもされる
頻用疾患 下痢, 打撲外傷
含有方剤
帰経  
 
 
神農本草経  
中医分類  
薬能 収斂,止瀉,解毒
薬徴  
備考  
参考文献