メニュー  → 生薬学術情報  → 
檳榔子
檳榔子
(びんろうじ)
檳榔子 入手時名称:檳榔子
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:2106
Areca catechu 植物名:Areca catechu
撮影場所:インド
撮影日時:2000
撮影者:小松かつ子

生薬別名  
生薬ラテン名 Arecae Semen
生薬英名 Areca
科名 ヤシ科 Palmae
基原 ビンロウ Areca catechu Linné
薬用部位 成熟種子
選品 虫害がなく,内部断面の紋理が白色で,へその部分に穴のないものが良い.形状が扁平球状のものが良品(TN).
主要成分 脂肪酸 Fatty acids:
Lauric acid, Myristic acid, Oleic acid, Palmitic acid, Stearic acid, Capric acid

タンニン Tannins:
アレカタンニン類 Arecatannins

アルカロイド Alkaloids:
Arecoline, Arecaidine, Guvacoline, Guvacine, Isoguvacine
薬理作用 副交感神経興奮作用,中枢興奮作用,平滑筋収縮作用,粘液分泌腺刺激作用,血圧降下作用(arecoline),駆虫作用(アルコールエキス/ミミズ・条虫).
臨床応用 収斂,健胃薬として,脚気,腹満,腹痛,消化不良などに応用する.また条虫駆除薬にする.その他,緑内障治療薬,軟膏基剤.
頻用疾患 腹満, 腹痛, 便秘, テネスムス, 脚気水腫, 回虫, マラリア
含有方剤 安産湯 , 烏苓通気湯 , 延年半夏湯 , 加減胃苓湯 , 活血散お湯 , 夏檳湯 , 九味檳榔湯 , 鶏鳴散 [時方歌括] , 鶏鳴散加茯苓 , 行和芍薬湯 , 柴胡厚朴湯 , 柴胡別甲湯 , 芍薬湯 , 芍薬湯加大黄 , 十六味流気飲 , 椒梅湯 , 常檳湯 , 大百中飲 , 唐侍中一方 , 導水茯苓湯 , 内疎黄連湯 , 女神散 , 変製心気飲 , 肺疳方 , 檳榔順気湯 , 本方芍薬湯
帰経 胃・大腸
辛・苦
神農本草経 中品
中医分類 駆虫薬
薬能 殺虫消積,降気,行水.条虫,蛔虫,姜片虫病,虫積腹痛,積滞瀉痢,裏急後重,水腫脚気,マラリアに用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Areca catechu Linné
PRK gene
 AY348906
rpb2
 AY543109
 FJ200373
PRK gene
  AF453333
malate synthase gene
  AF455572
ycf5
 GQ435846