メニュー  → 生薬学術情報  → 
水蛭
水蛭
(すいてつ)
水蛭 入手時名称:水蛭
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:13051

生薬別名  
生薬ラテン名 Hirudo
生薬英名 Leech
科名 ヒルド科 Hirudidae
基原 ウマビル Whitmania pigra Whitman
薬用部位 全体
選品 未詳
主要成分 その他 Other:
Hirudin, 抗凝血素ヘパリン,抗血栓素
薬理作用 血液凝固抑制作用, 溶血作用.
臨床応用 駆瘀血, 通経薬として, ちょうか, 積聚, 少腹蓄血, 閉経, 打撲傷などに用いるほか, 癰腫, 丹毒の治療に応用する. また, 鬱血部の吸血に, 生きた水蛭を用いる. 内服には, お血症で実証でない人, および妊婦には禁忌.
頻用疾患 瘀血, 経閉, 打撲, 丹毒
含有方剤 抵当丸 , 抵当湯
帰経 肝・膀胱
平・有毒
鹹・苦
神農本草経 下品
中医分類 理血薬 (活血去瘀薬) 
薬能 破血,逐瘀,通経.癥瘕痞塊,血瘀経閉,跌打損傷に用いる.
薬徴 血症を主治する也。
備考  
参考文献