メニュー  → 生薬学術情報  → 
没薬
没薬
(もつやく)
生薬別名  
生薬ラテン名 Myrrha
生薬英名 Myrrh
科名 カンラン科 Burseraceae
基原 Commiphora molmol Engler, Balsamodendron ehrenbergianum Otto Karl (Carl) Berg
薬用部位 樹脂
選品 微かに香気を放ち,味が苦くて,砂石・木片等が混じっていないものが良いとされる(NI).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
Somali Myrrh: Formic acid, Acetic acid

モノテルペノイド Monoterpenoids:
Somali Myrrh: Eugenol, m-Cresol, Pinene, Dipentene, Limonene, Cuminaldehyde

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
Somali Myrrh: α-Bisabolene, β-Bisabolene, γ-Bisabolene, Commiferin

ジテルペノイド Diterpenoids:
C. mukul: Cembrene A, Mukulol

フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
Somali Myrrh: Cinnamic aldehyde

その他 Others:
Somali Myrrh: α-Commiphoric acid, β-Commiphoric acid, γ-Commiphoric acid, Commiphorinic acid, ガム質, Myrrholic acid
薬理作用 抗菌作用(水浸剤).
臨床応用 収斂薬として,歯磨き,うがい水に用いられる.かつては健胃,通経,強壮薬とされた.
頻用疾患 胸痛, 腹痛, 月経痛, 無月経, 腹腔内腫瘤, 打撲外傷による腫脹・疼痛
皮膚化膿症, 創口が閉鎖しない
含有方剤 稀有処方に配合
帰経 心・肝・脾
神農本草経  
中医分類 活血祛瘀薬
薬能 活血止痛,消腫生肌.痛経,経閉,胃痛,風湿痺痛,打撲損傷,腸癰,瘡瘍久潰不斂に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.