メニュー  → 生薬学術情報  → 
熟地黄
熟地黄
(じゅくじおう)
熟地黄 入手時名称:熟地黄
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:11364
Rehmannia glutinosa 植物名:Rehmannia glutinosa
撮影場所:日本, 奈良県
撮影日時:1997
撮影者:小松かつ子

生薬別名  
生薬ラテン名 Processi Rehmanniae Radix
生薬英名 Prepared Rehmannia Root
科名 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
基原 アカヤジオウ Rehmannia glutinosa Liboschitz var. purpurea Makino 又は Rehmannia glutinosa Liboschitz
薬用部位 根茎を乾燥し,酒を加えて蒸して日干しにする作業を繰り返したもの
選品 黒い光沢のある,甘くて大きなものが良品とされる(NI).
主要成分 脂質 Lipids:
Cerebroside, Jio-cerebroside

糖質 Sugar:
Manninotriose, Verbascose

単糖類 Monosaccharides:
D-Mannitol, D-Glucose, D-Fructose, D-Galactose

少糖類 Oligosaccharides:
Raffinose, Stachyose, Sucrose

モノテルペノイド Monoterpenoids:
Iridoids: Catalpol, Aucubin, Rehmannioside A, Rehmannioside B, Rehmannioside C, Rehmannioside D, Rehmaionoside A, Rehmaionoside B, Rehmaionoside C, Rehmaionoside D, Melittoside, Leonuride

カロテノイド及びビタミンA Carotenoids & Vitamin A:
Vitamin A

ステロール Sterols:
Sitosterol

フェノール系化合物 Phenol derivatives:
Acteoside

アミノ酸 Amino acids:
Arginine

その他 Other:
薬理作用 血糖降下,強心,血圧上昇,利尿(エキス).瀉下,利尿(catalpol).
臨床応用 補血,強壮,清熱薬として,貧血,吐血,消渇,盗汗,遺精,精神不安及び虚弱症などに応用する.
頻用疾患 頭のふらつき, めまい, 目がかすむ, 動悸, 月経不順, 月経痛, 不正性器出血, 胸脇が張って痛む, 盗汗
含有方剤 痿証方 , 温清飲 , 益気養栄湯 , 加減八物湯 , 甘露飲 , 亀板湯 , 芎帰調血飲 , 柴胡四物湯 , 滋腎明目湯(腎気明目湯) , 四物湯 , 四物湯加亀板石決明 , 四物湯脚気加減 , 十全大補湯 , 潤腸湯 , 腎気明目湯 , 清熱補血湯 , 大防風湯 , 当帰養血湯 , 当帰六黄湯 , 八物湯 , 八珍湯 , 補陰湯 , 六味地黄丸 , 杞菊地黄丸
帰経 心・肝・腎
微温
神農本草経 上品
中医分類 補養薬
薬能 滋陰補血,益精填髄.肝腎陰虚,腰膝酸軟,骨蒸潮熱,盗汗遺精,内熱消渇,血虚萎黄,心悸,一種のノイローゼ,月経不調,崩漏下血,眩暈,耳鳴,鬚髪早白に用いる.
薬徴 血証及び水病を主るなり。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Rehmannia glutinosa Liboschitz var. purpurea Makino
Rehmannia glutinosa Liboschitz
atpB-rbcL
 AY423106
rps2
  FJ172711
rps16
  FJ172697
 DQ856487
cox1
 AJ247589