メニュー  → 生薬学術情報  → 
牡丹皮
牡丹皮
(ぼたんぴ)
大和丹皮 入手時名称:大和丹皮
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:17444
Paeonia suffruticosa 植物名:Paeonia suffruticosa
撮影場所:日本, 富山県
撮影日時:1999
撮影者:小松かつ子

生薬別名 鳳凰牡丹皮
生薬ラテン名 Moutan Cortex
生薬英名 Moutan Bark
科名 ボタン科 Paeoniaceae
基原 ボタン Paeonia suffruticosa Andrews (Paeonia moutan Sims)
薬用部位 根皮
選品 肉厚で木部の残留がなく,断面に白粉のあるもので芳香の強いものが良い (TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
Paeoniflorin, Oxypaeoniflorin, Benzoylpaeoniflorin, Benzoyloxypaeoniflorin, Galloyl-paeoniflorin, Galloyl-oxypaeoniflorin

ステロール Sterols:
Campesterol, β-Sitosterol

タンニン Tannins:
Tetragalloylglucose, Pentagalloylglucose

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
Paeonol, Paeonolide, Paeonoside, Benzoic acid, Suffruticoside A, Suffruticoside B, Suffruticoside C, Suffruticoside D, Suffruticoside E
薬理作用 抗炎症作用(メタノールエキス),鎮痛,抗菌(E. coli, S. aureus),抗炎症,胃液分泌抑制(paeonol).
臨床応用 鎮静,鎮痛,駆お血,排膿薬として,頭痛,腹痛,婦人科疾患,月経不順,月経困難など,血液の停滞する血行障害のあるものに応用する.
頻用疾患 発熱, 皮下出血, 吐血, 鼻出血, 無月経, 月経痛, 腹腔内腫瘤, 打撲外傷による腫脹・疼痛, 虫垂炎, 皮膚化膿症, 頭痛, 目の充血, 口渇, 月経不順
含有方剤 温経湯 , 瓜子仁湯 , 六味地黄丸 , 杞菊地黄丸 , 活血散お湯 , 加味逍遥散 , 加味逍遥散合四物湯 , 芎帰調血飲 , 桂枝茯苓丸 , 牛膝散 , 牛車腎気丸 , 犀角地黄湯 , 柴胡疎肝湯 , 七賢散 , 瀉胃湯 , 清熱補血湯 , 折衝飲 , 大黄牡丹皮湯 , 腸廱湯 , 腸廱湯加芍薬 , 桃仁湯 , 謄龍湯 , 八味丸合人参湯 , 八味地黄丸 , 八味疝気方 , 蒲公英湯 , 牡丹皮散 , 薏苡仁湯 [外科正宗]
帰経 心・肝・腎
微寒
苦・辛
神農本草経 中品
中医分類 清熱薬
薬能 清熱涼血,活血化瘀.温毒発斑,吐血衄血,夜熱早涼,無汗骨蒸,経閉痛経,癰腫瘡毒,打撲傷痛に応用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Paeonia suffruticosa Andrews (Paeonia moutan Sims)
atpB
 AF093389
 AF209643