メニュー  → 生薬学術情報  → 
瓜蒂
瓜蒂
(かてい)
瓜蒂 入手時名称:瓜蒂
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:1867

生薬別名  
生薬ラテン名 Melonis Calyx
生薬英名 Melo Calyx
科名 ウリ科 Cucurbitaceae
基原 Cucumis melo Linné
薬用部位 未熟果の果柄をつけた宿存蔕
選品 未熟の時に採った,苦味の多い,新しいものが良いとされる (NI).
主要成分 トリテルペノイド Triterpenoids:
苦味質: α-Elaterin (= Cucurbitacin E)
薬理作用 未詳
臨床応用 催吐薬.身体,顔面,四肢などの水腫に応用する.
頻用疾患 催吐, 水腫
含有方剤 瓜蒂散 , 一物瓜蒂湯 , 加減小柴胡湯 , 加減茯苓半夏湯
帰経
寒・小毒
神農本草経 中品
中医分類 催吐薬
薬能 催吐,去湿熱.熱痰,宿食,黄疸,濕邪頭痛に用いる.
薬徴  
備考  
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.