メニュー  → 生薬学術情報  → 
蒲公英
蒲公英
(ほこうえい)
蒲公英 入手時名称:蒲公英
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:4371

生薬別名  
生薬ラテン名 Taraxaci Herba
生薬英名 Dandelion
科名 キク科 Compositae
基原 モウコタンポポ Taraxacum mongolicum Handel-Mazzetti
薬用部位 全草
選品 未詳
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
[T. officinale (根)]: 有機酸

糖質 Sugar:
[T. officinale]: 糖類 (根), Vitamine C (葉・花粉)

多糖類 Polysaccharides:
[Taraxacum属植物 (全草)]: Inulin, Pectin

トリテルペノイド Triterpenoids:
[T. officinale (根)]: Taraxol, Taraxerol, ψ-Taraxasterol, Taraxasterol, β-Amyrin

カロテノイド Carotenoids:
[T. officinale]: Lutein (葉, 花), Violaxanthin (葉), Flavoxanthin (花)

ステロール Sterols:
[Taraxacum属植物 (全草): Taraxasterol;
[T. officinale]: Stigmasterol (根), β-Sitosterol (根, 花粉), 5α-Stigmast-7-en-3β-ol (花粉), Vitamin D (葉)

フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
[T. officinale (根): Caffeic acid

ベンゾキノン Benzoquinones:
[T. officinale (葉)]: Plastoquinone

プテリジン誘導体 Pteridine derivatives:
[T. officinale (花粉): Folic acid

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds:
[Taraxacum属植物 全草]: Choline;
[T. officinale 根]: Choline
薬理作用 殺菌作用 (ブドウ球菌, 溶血性連鎖球菌, 肺炎双球菌, 脳膜炎菌, ジフテリア菌, 緑膿杆菌, 変形杆菌, チフス菌など), 抗菌作用, 利胆作用, 利尿作用
臨床応用 解熱, 消炎, 健胃, 利尿, 催乳薬として, 乳癰, 皮膚潰瘍, 眼疾腫瘍, 消化不良, 大便秘結, 小便不利, 感冒, 咽喉炎, 淋病, 乳汁不足などに応用する.
頻用疾患 乳腺炎, 乳癌, 消化不良, 習慣性便秘, 急性虫垂炎, 上気道炎, 扁桃炎, 急性結膜炎
含有方剤 蒲公英湯
帰経 肝・胃
苦・甘
神農本草経  
中医分類 清熱薬 (清熱解毒薬)
薬能 清熱解毒,消腫散結,利尿通淋.疔瘡腫毒,乳癰,瘰癧,目赤,咽痛,肺癰,腸癰,湿熱黄疸,熱淋渋痛に用いる.
薬徴  
備考 『中華人民共和国薬典』には Taraxacum mongolicum Hand.-Mazz. モウコタンポポ, T. sinicum Kitag. シナタンポポの全草が規定される.その他基源植物として T. erythropodium Kitag., T. ceratophorum DC., T. pseudo-albidum Kitag., T. pseudo-albidum Kitag. var. lutescens Kitag., T. ohwianum Kitam., T. dissectum Ledeb., T. asiaticum Dahlst., T. cuspidatum Dahlst., T. officinale Weber セイヨウタンポポなどが挙げられる. 以上のものは東北, 華北で主に用いられる. 市販品は多くの混入が認められる. 華南地区で蒲公英または土公英と称して用いられるものは, キク科のウスベニニガナ Emilia sonchifolia (L.) DC. および Elephantopus scaber L. の全草である. 雲南省ではコウゾリナ属 Picris divaricata Vent. を「 蒲公英」と称している. 台湾では Ixeris chinensis (Thunb.) Nakai ウサギソウの全草を蒲公英と称する. また, I. laevigata (Blume) Sch.-Bip. ex Maxim. var. oldhami (Maxim.) Kitam. アツバニガナの全草も同様に用いられる. 韓国産蒲公英は主に T. mongolicum Hand.-Mazz. var. corniculatum Nakai ケイリンタンポポ, T. asiaticum Dahlst. などの全草である. ときに根も蒲公英根と称し出まわる. 日本産は主に T. japonicum Koidz. カンサイタンポポ および T. officinale の根で, 「蒲公英根」と称する.
参考文献