メニュー  → 生薬学術情報  → 
蒼朮
蒼朮
(そうじゅつ)
西北蒼朮 入手時名称:西北蒼朮
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:22483
Atractylodes lancea 植物名:Atractylodes lancea
撮影場所:日本, 新潟県
撮影日時:1988
撮影者:小松かつ子

生薬別名 茅朮,津蒼朮,西北蒼朮,北鮮蒼朮,韓蒼朮
生薬ラテン名 Atractylodis Lanceae Rhizoma
生薬英名 Atractylodes Lancea Rhizome (日本)
科名 キク科 Compositae
基原 ホソバオケラ Atractylodes lancea De Candolle, Atractylodes chinensis Koidzumi 又はそれらの雑種
薬用部位 根茎を乾燥したもの
選品 よく肥大し重質で気味の強いものが良品(TN).
主要成分 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
A. lancea: Atractylodinol, Acetylatractylodinol

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
A. lancea: Atractylodin, l-α-Bisabolol, β-Selinene, Atractylone, β-Eudesmol, Hinesol, Elemol;
A. lancea, A. chinensis: Atractylodin, Hinesol, β-Eudesmol, Elemol, Atractylone, Selina-4(14), 7(11)-dien-8-one
薬理作用 抗真菌.鎮静(エキス,精油成分,β-eudesmol, hinesol).抗痙攣(エキス,β-eudesmol, hinesol).血糖降下(アルコールエキス).
臨床応用 利尿,発汗,健胃,整腸薬として,消化不良,下痢,風湿による筋肉疾患などに用いる.漢方でいう水毒(水分代謝障害・不全)の要薬.蒼朮は白朮に比べて燥湿の力が勝るとされ,温盛の実証に用いる.
頻用疾患 消化不良, 腹満, 胸が苦しい, 悪心, 嘔吐, 下痢, 関節の腫脹・疼痛, 頭痛, 無汗, 発熱, 悪寒, 夜盲, 角膜混濁, 白内障
含有方剤 痿証方 , 胃苓湯 , 茵陳散 , 越婢加朮湯 , 加減胃苓湯 , 化食養脾湯 , 加味四物湯 , 加味逍遥散合四物湯 , 加味平胃散 , 甘草附子湯 , 駆風触痛湯 , 桂枝加朮附湯 , 桂枝加苓朮附湯 , 桂枝芍薬知母湯 , 桂枝二越婢一湯加苓朮附 , 啓脾湯 , 香砂平胃散 , 五積散 , 実脾湯 , 四物湯脚気加減 , 消風散 , 舒筋立安散 , 除湿補気湯 , 秦艽防風湯 , 腎疸湯 , 真武湯 , 清湿化痰湯 , 清上蠲痛湯 , 清熱解鬱湯 , 疎経活血湯 , 大防風湯 , 沢瀉湯 , 治打撲一方 , 当帰芍薬散末 , 当帰拈痛湯 , 謄龍湯 , 二朮湯 , 半夏白朮天麻湯 , 不換金正気散料 , 附子湯 , 分消湯 , 平胃散 , 防已黄耆湯 , 補気建中湯 , 補腎湯 , 補中治湿湯 , 薏苡仁湯 [明医指掌] , 抑肝散 , 抑肝散加陳皮半夏湯 [浅井南溟] , 抑肝散加陳皮半夏湯 [本朝経験] , 六鬱湯 , 回春茵陳散 , 香砂養胃湯
帰経 脾・胃
苦・辛
神農本草経 上品
中医分類 芳香化湿薬
薬能 燥湿健脾,去風散寒,明目.腹(胃)脹満,泄瀉,水腫,脚気,歩行困難,風湿痺痛,風寒感冒,夜盲に用いる.
薬徴 水を利するを主る也。故によく小便の自利,不利を治し,傍ら身の煩疼,痰飲,失精,眩冒,下痢,喜唾を治す。
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Atractylodes lancea De Candolle
psbB-psbH
 EU931334
atpB-rbcL
  EU931326
Atractylodes chinensis Koidzumi
psbB-psbH
 EU931335
atpB-rbcL
  EU931327
Atractylodes lancea x Atractylodes chinensis