メニュー  → 生薬学術情報  → 
蓮子
蓮子
(れんし)
生薬別名  
生薬ラテン名 Nelumbinis Fructus
生薬英名 Lotus Fruit
科名 スイレン科 Nymphaeaceae
基原 ハス Nelumbo nucifera Gaertner
薬用部位 種子の仁
選品 未詳
主要成分 少糖類 Oligosaccharides:
[種子] Raffinose

多糖類 Polysaccharides:
[種子] 澱粉

アルカロイド Alkaloids:
[幼芽] Methylcorypalline, Lotusine chloride, Demethylcoclaurine, Isoliensinine, Liensinine, Neferine, N-Nornuciferine, O-Nornuciferine, (+)-Pronuciferine;
[花床] d-(-)-N-Norarmepavine, Liriodenine, N-Nornuciferine, Nuciferine

その他 Other:
種子の組成: 蛋白質 16.6%, 脂肪 2.0%, 炭水化物 62.0%, Ca 0.089%, P 0.285%, Fe 0.0064%物62.0%, Ca 0.089%, P 0.285%, Fe 0.0064%
薬理作用 冠状血管拡張作用 (methlcorypalline). 子宮平滑筋弛緩作用(demethylcoclaurine).
臨床応用 下痢, 嘔吐などのため食欲の全くない状態を治すのに用いる. 一般には堅い殻を去って「蓮肉」として用いる. その際芯を去って用いる.
頻用疾患 細菌性下痢, 慢性下痢, 嘔吐, 食欲不振
含有方剤 疎黄連湯 , 防風通聖散 , 麻黄連軺赤小豆湯 , 龍胆瀉肝湯 [一貫堂] , 涼膈散 , 連翹湯 [眼科] , 連翹湯 [丹毒] , 連翹湯 [本朝経験]
帰経 肝・腎・心
甘・渋
神農本草経  
中医分類 固渋薬
薬能 蓮子(蓮肉):補脾止瀉,益腎養精,養心安神.脾虚久瀉,遺精帯下,心悸失眠に用いる.
石蓮子:清心,除煩,噤口痢に専用する.
薬徴  
備考  
参考文献