メニュー  → 生薬学術情報  → 
蓮肉
蓮肉
(れんにく)
蓮肉 入手時名称:蓮肉
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:10157

生薬別名 蓮子
生薬ラテン名 Nelumbis Semen
生薬英名 Nelumbo Seed (Lotus Seed)
科名 スイレン科 Nymphaeaceae
基原 ハス Nelumbo nucifera Gaertner
薬用部位 種子
選品 未詳
主要成分 少糖類 Oligosaccharides:
Raffinose (種子)

多糖類 Polysaccharides:
澱粉 (種子)

アルカロイド Alkaloids:
Methylcorypalline, Lotusine chloride, Demethylcoclaurine, Isoliensinine, Liensinine, Neferine, N-Nornuciferine, O-Nornuciferine, (+)-Pronuciferine (以上, 芯, 幼芽),
torus: d-(-)-N-Norarmepavine, Liriodenine, N-Nornuciferine, Nuciferine (以上, 花床)

その他 Other:
種子の組成: 蛋白質16.6%, 脂肪2.0%, 炭水化物62.0%, Ca 0.089%, P 0.285%, Fe 0.0064%白質16.6%, 脂肪2.0%, 炭水化物62.0%, Ca 0.089%, P 0.285%, Fe 0.0064%
薬理作用 平滑筋弛緩作用 (アルコールエキス), 抗腫瘍作用.
臨床応用 鎮静, 滋養強壮薬として下痢, 遺精, 心悸失眠などに応用する.
頻用疾患 下痢, 不眠, 動悸, 精液漏れ, 不正性器出血, 帯下
含有方剤 啓脾湯 , 参苓白朮散 , 清心蓮子飲
帰経 脾・胃
神農本草経 上品
中医分類 固渋薬 (収渋薬)
薬能 補脾止瀉,益腎渋精,養心安神.脾虚久瀉,遺精帯下,心悸失眠に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献