メニュー  → 生薬学術情報  → 
蘇木
蘇木
(そぼく)
蘇木 入手時名称:蘇木
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:2641

生薬別名  
生薬ラテン名 Sappan Lignum
生薬英名 Sappan Wood
科名 マメ科 Leguminosae
基原 Caesalpinia sappan Linné
薬用部位 心材
選品 外皮は白色であるが,内部の木心はなるべく深紅色をしているものが良いとされる (NI).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
d-α-Phellandrene

ネオフラバノイドとホモイソフラボノイド Neoflavanoids & Homoisoflavonoids:
Brasilin, Brasilein
薬理作用 嘔吐, 瀉下, 催眠 (大量で麻酔). 中枢抑制. 抗菌 (ジフテリア菌, 肝炎双球菌, パラチフス菌, 痢疾杵菌, 黄色ブドウ球菌など).
臨床応用 駆瘀血, 通経, 鎮痛, 抗炎症薬として, 産後悪阻,閉経, 腹痛, 月経不調, 癰痛, 打撲傷などに用いる. 染料としての用途が多い.
頻用疾患 月経痛, 無月経, 産後お阻, 打撲外傷による腫脹・疼痛, 蕁麻疹, そう痒, 中風, 破傷風
含有方剤 通導散 , 黄連消毒湯 , 活血散瘀湯
帰経 心・肝・脾
甘・鹹
神農本草経  
中医分類 理血薬 (活血去瘀薬)
薬能 行血去瘀,消腫止痛.経閉痛経,産後瘀阻,胸腹刺痛,外傷腫痛に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 NI: 一色直太郎, 『和漢薬の良否鑑別法及調製法』, 吐鳳堂書店, 東京, 1987.