メニュー  → 生薬学術情報  → 
蛇床子
蛇床子
(じゃしょうし)
蛇床子 入手時名称:蛇床子
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:19079

生薬別名  
生薬ラテン名 Cnidii Monnieri Fructus
生薬英名 Common Cnidium Fruit
科名 セリ科 Umbelliferae
基原 Cnidium monnieri Cusson
薬用部位 果実
選品 外面が黄緑色で,手でもんだ時に辛味的香気の強いものほど良品(TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
精油約1.3%;
l-Pinene, l-Camphene, Bornyl isovalerate

クマリン類 Coumarins:
Cnidimonal, Cnidimarin, 5-Formylxanthotoxol, 2'-Deoxymeranzin hydrate, Osthol, Imperatorin, Isopimpinellin, Bergapten, Xanthotoxin, Xanthotoxol, 5-Hydroxyxanthotoxol, Auraptenol, Murrayacarpin A, Diosmetin, 7-Methoxy-8-formylcoumarin, Meranzin hydrate, Cnindimol B, Alloimperatorin, Cnidimoside
薬理作用 抗菌 (真菌, 皮膚糸状菌). 抗ウイルス (インフルエンザウイルスなど), 抗炎症, 抗そう痒 (メタノールエキスのクロロホルム可溶性画分).
臨床応用 婦人の陰疾の要薬. 収斂性消炎薬. 陰部そう痒症, 陰嚢湿痒, その他の湿疹に外用する. 男性のインポテンツにも内用する.
頻用疾患 インポテンツ, 不妊, 腰痛, 帯下, そう痒, 陰痒, 湿疹
含有方剤
帰経
温; 有小毒
辛、苦
神農本草経 上品
中医分類 外用薬
薬能 温腎壮陽,燥湿,去風,殺虫.陽痿,宮冷,寒湿帯下,湿痺腰痛に内用し,外陰湿疹,婦人陰痒,滴虫性陰道炎に外用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.