メニュー  → 生薬学術情報  → 
釣藤鈎
釣藤鈎
(ちょうとうこう)
釣藤鈎 入手時名称:釣藤鈎
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:16221
Uncaria rhynchophylla 植物名:Uncaria rhynchophylla
撮影場所:日本, 奈良県
撮影日時:1997
撮影者:小松かつ子

生薬別名 釣藤
生薬ラテン名 Uncariae Uncis cum Ramulus
生薬英名 Uncaria Hook
科名 アカネ科 Rubiaceae
基原 カギカズラ Uncaria rhynchophylla Miquel, Uncaria sinensis Haviland 又は Uncaria macrophylla Wallich
薬用部位 鈎棘の付着した茎枝
選品 鈎刺のみのものが最上品.一般に蔓茎の細い紫色を帯びた嫩鈎の多いものが良品(TN).
主要成分 インドール系アルカロイド Indole alkaloids:
U. rhynchophylla: Rhynchophylline, Corynoxeine, Isorhynchophylline, Isocorynoxeine, Hirsutine, 18,19-Dehydrohirsutine (=Hirsutein), Dihydrocorynantheine, Corynantheine;
U. sinensis: Geissoschizine methylether, Hirsuteine, Hirsutine, Rhynchophylline, Corynoxeine, Isorhynchophylline, Isocorynoxeine;
U. kawakamii: Uncarine A, Uncarine B, Mitraphylline
薬理作用 呼吸(少量,興奮;大量,抑制).抗痙攣.抗ウイルス.血管拡張,アドレナリンalpha遮断,抗不整脈,カルシウム拮抗作用.中枢セロトニン受容体阻害,鎮静作用.睡眠延長(geissoschizine methylether),血圧降下作用(hirsutine, isorhynchophylline)(C2, C4).
培養小脳顆粒細胞におけるグルタミン酸による細胞死抑制(フェノール画分,アルカロイド画分)(P1, P2, P3),脳虚血による空間学習行動障害予防(アルカロイド画分,rhynchophyllin
臨床応用 鎮痙,鎮痛薬として,発熱による頭痛,目眩,高血圧症患者の頭痛,眩暈,脳の動脈硬化,痙攣,小児のひきつけ,癇症,高熱時の神昏などに応用する.またマラリア,リウマチにも用いる.
頻用疾患 高熱, 痙攣, 頭痛, めまい, ふらつき, 高血圧症, 脳動脈硬化症, 目の充血, ひきつけ, 癇症
含有方剤 七物降下湯 , 釣藤散 , 抑肝散 , 抑肝散加陳皮半夏湯 [本朝経験] , 抑肝散加陳皮半夏湯 [浅井南溟] , 羚羊角飲
帰経 肝・心包
微寒
神農本草経  
中医分類 熄風鎮痙薬
薬能 清熱平肝,息風定驚.頭痛眩暈,感冒挟驚,驚癇,筋肉のひきつり,妊娠子癇に応用する,高血圧症に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Uncaria rhynchophylla Miquel
ETS
 AJ812080
rps16
 AB178637
Uncaria sinensis Haviland
Uncaria macrophylla Wallich