メニュー  → 生薬学術情報  → 
馬銭子
馬銭子
(まちんし)
馬銭子 入手時名称:馬銭子
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:15148

生薬別名 ホミカ
生薬ラテン名 Strychni Semen
生薬英名 Nux Vomica
科名 フジウツギ科 Loganiaceae
基原 Strychnos nux-vomica Linné
薬用部位 種子
選品 未詳
主要成分 脂質 Lipids:
脂肪油

モノテルペノイド Monoterpenoids:
Loganin

タンニン Tannins:
Caffeetannin

インドール系アルカロイド Indole alkaloids:
Strychnine, Brucine, Vomicine, α-Colubrine, β-Colubrine, Pseudostrychnine, Pseudobrucine, Struxine
薬理作用 中枢神経興奮作用 (strychnine).
臨床応用 苦味健胃, 鎮痛薬として, エキスまたはチンキ剤の形で, 胃腸のアトニー, 消化不良などに応用する.
頻用疾患 関節の腫脹・疼痛, ひきつり, しびれ, 打撲外傷による腫脹・疼痛, 咽喉の腫脹疼痛, 皮膚化膿症
含有方剤
帰経 肝・脾
神農本草経  
中医分類 外用薬
薬能 通絡止痛,散結消腫.風湿頑痺,中風,半身不随,打撲損傷,癰疽腫痛;小児麻痺後遺症,類風湿性関節炎に用いる.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献