メニュー  → 生薬学術情報  → 
鹿茸
鹿茸
(ろくじょう)
鹿茸片 入手時名称:鹿茸片
撮影場所:富山大学 和漢研 民族薬物資料館
TMPW No.:10308

生薬別名  
生薬ラテン名 Cervi Parvum Cornu
生薬英名 Antler Velvet
科名 シカ科 Cervidae
基原 マンシュウアカジカ Cervus elaphus Linné var. xanthopygus Milne-Edwards, マンシュウジカ Cervus nippon Temminck var. mantchuricus Swinhoe
薬用部位 雄の幼角
選品 軟質で柔毛が密生し, 角化していない, 断面の赤紫色部分の多い物ほど良品. 一般に先端部が上品 (TN).
主要成分 ステロール Sterols:
Oestrone;
[Cervus nippon var. mantchuricus]: Cholesteryl myristate, Cholesteryl oleate, Cholesteryl palmitate, Cholesterol stearate, Cholesterol, Cholest-5-en-3β-ol-7-one, Cholest-5-en-3β,7α-diol, Cholest-5-en-3β,7β-diol

その他の芳香族化合物 Other aromatic compounds:
[C. nippon var. mantchuricus]: p-Hydroxybenzaldehyde, p-Hydroxybenzoic acid

その他の含窒素化合物 Other nitrogen containing compounds:
[C. nippon var. mantchuricus]: Uracil, Hypoxanthine, Creatinine, Nicotinic acid, Urea, Uridine

その他 Other:
コラーゲン,リン酸カルシウム,炭酸カルシウム,蛋白質
薬理作用 副交感神経末梢部の緊張亢進, 神経・筋系の機能改善, 内分泌系の機能亢進作用 [70%アルコールエキス (pantocrin, 鹿茸精) ], MAO (monoamine oxidase) -B活性阻害作用 (主にhypoxanthine) , RNA-polymerase活性刺激作用 [主にpolyamines (putrescine, spermidineなど)], 抗過酸化脂質作用 (花鹿茸水エキス) .
臨床応用 強壮, 強精, 鎮痛薬として, インポテンツ, 頭暈, 耳鳴り, 腰膝の痿弱, 虚寒証の帯下, 慢性病の虚損などの症に応用する.近年頭部, 頸部および脊椎損傷に伴う症状や, 自立神経失調症, 低血圧症, 更年期障害にも適用.
頻用疾患 インポテンツ, めまい, 耳鳴り, 腰膝無力, 帯下, 自律神経失調症, 低血圧症, 更年期障害, 不妊症, るいそう, 耳漏
含有方剤
帰経 腎・肝
甘、鹹
神農本草経  
中医分類 補陽薬
薬能 壮腎陽, 益精血, 強筋骨, 調冲任, 托瘡毒.陽痿滑精, 宮冷不妊, 羸痩, 神疲, 畏寒, 眩暈耳鳴耳聾, 腰脊冷痛, 筋骨痿軟, 崩漏帯下, 陰疽不斂に用いる.
薬徴  
備考 椎動物門,哺乳綱(Mammalia),偶蹄目(Artiodactyla)のシカ科のマンシュウアカジカおよびマンシュウジカ Cervus(Sika) nippon Temminck var. mantchuricus Swinhoe(ばいかろく梅花鹿,かろく花鹿)の雄の幼角(袋角).前者の幼角を「馬鹿茸」,後者からのものを「花鹿茸」または,「梅花鹿茸」と称しており,現在わが国に輸入される中国およびシベリア産のものはこの2種に限られ,特に前者が主である
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.