メニュー  → 生薬学術情報  → 
麦門冬
麦門冬
(ばくもんどう)
麦門冬 入手時名称:麦門冬
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:194
Ophiopogon japonicus (Ophiopogon ohwii) 植物名:Ophiopogon japonicus (Ophiopogon ohwii)
撮影場所:中国, 四川省
撮影日時:2002
撮影者:小松かつ子

生薬別名  
生薬ラテン名 Ophiopogonis Radix
生薬英名 Ophiopogon Root
科名 ユリ科 Liliaceae
基原 ジャノヒゲ Ophiopogon japonicus Ker-Gawler
薬用部位 根の膨大部
選品 淡黄色でよく肥大し,潤い及び重量感のあるものが良品 (TN).
主要成分 単糖類 Monosaccharides:
Sucrose, D-Fructose, D-Glucose

少糖類 Oligosaccharides:
Oligosaccharide

ステロール Sterols:
β-Sitosterol, β-Sitosterol-β-D-glucoside, Stigmasterol

ステロイドサポニン及びサポゲニン Steroid saponins & Sapogenins:
Ophiopogonin A, Ophiopogonin B, Ophiopogonin C, Ophiopogonin D, Ophiopogonin B', Ophiopogonin C', Ophiopogonin D'

ネオフラバノイドとホモイソフラボノイド Neoflavanoids & Homoisoflavonoids:
Ophiopogonone A, Ophiopogonone B, Methylophiopogonone A, Methylophiopogonone B, Ophiopogonanone A, Methylophiopogonanone A, Methylophiopogonanone B
薬理作用 血糖降下(水エキス).抗炎症(エタノールエキス).
臨床応用 粘滑性消炎,滋養,強壮,鎮咳,去痰,利尿薬として,胃中を補い,逆気上衝を降瀉するものであり,またのぼせ症の人に対し強心利尿の効がある.
頻用疾患 乾咳, 少痰, 口渇, 元気が無い, 脈が微弱, 倦怠感, 不眠, 焦躁, 便秘
含有方剤 温経湯 , 加味四物湯 , 麦門冬飲子 , 百合固金湯 , 茯苓補心湯 , 扶脾生脈散加白芨 , 補気建中湯 , 補中治湿湯 , 補肺湯 , 蔓荊子散 , 味麦益気湯 , 龍骨湯 , 甘露飲 , 駆風触痛湯 , 蒿枕無憂散 , 滋陰降火湯 , 滋陰至宝湯 , 四陰煎 , 炙甘草湯 , 生脈散 , 升陽散火湯 , 辛夷清肺湯 , 清上蠲痛湯 , 清暑益気湯 , 生津湯 , 清心蓮子飲 , 清熱補気湯 , 清熱補血湯 , 竹茹温胆湯 , 竹葉石膏湯 , 知母茯苓湯 , 釣藤散 , 定喘湯 , 導水茯苓湯 , 人参散 , 麦門冬湯
帰経 心・肺・胃
微寒
甘・微苦
神農本草経 上品
中医分類 補養薬
薬能 養陰生津,潤肺清心.肺燥干咳,虚癆咳嗽,津傷口渇,心煩失眠,内熱消渇,腸燥便秘,咽白喉に応用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Ophiopogon japonicus Ker-Gawler